読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロフィール

初めまして!もえです!

 

このブログでは、音符を読むことが苦手な幼稚園の先生が、

音符がスラスラ読めるようになり、子どもから憧れる先生に変化した

「譜面速読メソッド」

 

の全貌を解説いたします。

 

 

私、2カ月前は

子どもの前で失敗ばかり

の音符の読むことが苦手な幼稚園教諭でした。

 

先生なのに

・弾き歌いが苦手

・子どもの前で失敗してしまう

・一度間違えると弾けなくなってしまう

 

子どもの見本になんてなれる先生ではありませんでした。

 

 

ピアノの上手な先生の曲を聴く度に

 

youtubeの動画を見る度に

 

      私もピアノが上手になって

      いろんな曲を弾けるようになりたい!!

 

そう思って

 

毎日ピアノを弾くことを決意!!

 

 

しかし

 

「どうやって練習したらいいかわからない」

 

今まで

楽譜を読んでは弾いて、読んでは弾いて・・・

の繰り返しで練習してきました。

 

けれど

 

譜読み(時間が掛かる)→弾く→

次の譜読み(時間が掛かる)→弾く

の繰り返しで1曲通すことに時間が掛かりすぎていました・・・

 

 

保育が終わりピアノに向かって

「今日はここまで弾こう

と思い練習するものの

 

楽譜を読むのがめんどくさい!!

 

といって練習をやめてしまったり

 

自分の弾ける曲しか練習しなかったり

 

曲を完成させないまま終わってしまうこともありました。

 

 

 

この経験から1日3時間練習したけど

 

発表会や誕生会のピアノを任された時も

 

緊張して指が震えてしまったり

 

子どもの歌とピアノ伴奏が合わなかったり

 

1つ間違えると次も間違えて曲がボロボロになった事も

ありました。

 

「なんで他の先生は上手に弾けるんだろう」

 

「練習してもどうせ上手にならない」

 

「練習しないといけないのにやる気がでない」

 

どんどん自分が嫌になっていきました。

 

練習しないといけないと思う自分の意志とは反対に

どんどんピアノから遠ざかり譜面を見る事もピアノの音も

嫌になり、精神はズタボロでした。

 

今思うとノイローゼの手前だったんじゃないかなと思います・・・

 

私は幼稚園の先生は向いてないんだなと思い、

 

転職を考えてしまい、ピアノを弾くことを諦めました。

 

 

でも

どうしても諦められなくてA先生に相談したところ

 

ピアノの練習が出来るようになったのです。

 

そこでハッと気づきました。

 

今までの練習が間違っていた事に!!

 

 

それからA先生にピアノを教えてもらったことを参考に

 

楽譜を読むことが苦手な私が自分なりに

克服する方法を考えて実践してみました。

 

 

するとどうでしょう。

 

どんどん楽譜を読めるようになりました。

 

 

最初の効果は1週間後に現れ

 

ピアノの前に座って楽譜を見ると

 

「楽譜が読める」

 

「どんどん弾ける」

 

次々に読めるようになっことが

嬉しくて嬉しくて飛び跳ねました

 

 

そして2カ月後!

 

発表会で失敗しない

 

シャープフラットの曲が弾ける

 

鍵盤を見なくても弾ける

 

ドラえもんアンパンマンの曲が弾ける

 

子どもも楽しめて自分も楽しめる保育が出来る

 

 

私がなりたかった先生にやっとなれたのです。

 

 

ピアノを聴いた先生や保護者からは褒められ

 

子どもからも「先生上手。」と言われるようになりました。

 

確実に弾ける曲も増えました。

 

子どもから憧れられる先生になったのです。

 

 

そして、このノウハウを同じくピアノに悩んでいた

M先生に試してもらったところ

 

M先生も私と同じように

楽譜が読めるようになりました。

 

楽譜が読めないとピアは面白くない!!

 

だから読めない人をなんとかしたい!

 

と思い

 

私は「譜面速読メソッド」を作りました。

 

 

・たくさん練習するのは嫌だ!

 

・これ以上自分を嫌いになりたくない!

 

・とにかくピアノが上手になりたい!

 

と思っているあなた!!

 

今が自分を変えチャンスです。

 

この

「譜面速読メソッド」

をぜひ活用してください!!

 

自分の手で明るい未来を掴み取ってください!

 

私ができる最大限のお手伝いを頂きます!

 

カ月後

あなたが自身で満ち溢れ

新しい一歩を踏み出していますように☆